はじめに

1.はじめに

  • 本学は、Autodesk社の Education Community(学生・教員・教育機関向け)の無償サービスを利用することができます。
  • このライセンスは、個人PC2台まで利用できます。本サービスは、1年間となります。利用継続には毎年の更新処理が必要です。
    詳細については、Autodesk社のサイトにてご確認ください。
  • 2020年7月から新規登録される場合は、学生証もしくは在学証明書が必要となります。
  • .研究室・実習室等は、別途学内サーバにあるソフトウェアを利用します。
     ※ 研究室への導入する際は、教員の許可もしくは、立ち合いの上で導入します。
     ※ 研究室でのソフト利用においても毎年、その年度の最新版を利用するようにお願いします。
     ※3年以上同じバージョンを利用することはできません。
     ※研究室MacPCに、AutoCAD・MAYAを導入するときは、.dmgファイルをコピーし、展開後
      インストールします。ライセンス認証方法については、Windows版と同じになります。
      学内サーバ内Publicフォルダーの「AutoCADのインストール2021」を参照してください。
    例:2021年度の場合、最新はAutoCAD2022となり、AutoCAD2017以下は利用できません。
製品の概要
製品名 内容
AutoCAD 接続型設計ツール(基本設計CAD 2D・3D)
Revit 建築、MEP、構造設計
Fusion360 クラウドベースの 3D CAD/CAM
Inventor Professional 3D 機械設計、ドキュメント作成、製品シミュレーション
3ds Max 3D モデリング、アニメーション、レンダリング、合成
MAYA 3D アニメーション ソフトウェア
動作環境
  • Windows10以降 64ビット
  • 8GBメモリ(推奨16GB )表示画面 1920×1080 ビデオメモリ1GB以上(推奨4K 4GB)
  • 例としてAutoCADの導入に必要な空きディスク容量は、10GB以上。
  • Mac対応製品は、2021年4月時点では、AutoCADとMAYAになります。
    ※またmacOSは、10.13以上ですが、できるだけ最新の11でお使いください。
    Mシリーズチップ搭載機器は,Rosetta2にてサポート。
  • Macは、3GB以上 表示画面1280×800 

2.利用までの流れ

① Autodesk社へ登録する。(メールは大学から付与されたメールアドレスを使用) ② メールを確認し、届いたメール内にあるリンクから個人内容を登録する。 ③ ダウンロードし、インストールする。 ④ 初回起動時にネットに接続し,登録したアドレスでアクティベーションをする。 ※学内・自宅どちらでも登録・インストール可能。

3.注意事項

  • 登録時使用するブラウザは、IE11・Edge、FireFox・Chrome (最新版)にて行います。
    注:IE10は不可。

  • ダウンロード・インストールには、時間に余裕を持って行う。また、Wifiでの導入は避けます。
     ※機器・通信環境により、最短でも1時間以上は、掛かります。

  • サインイン時のパスワード忘れなどは、直接Autodesk社へ確認ください。
    (計算センターでは、対応・お答えしかねますので、ご周知ください。)

  • 無料体験版も存在しますので、必ず“Education Community”を選択して下さい。

  • ※不明な点や分からないことは、Autodesk社サイトのヘルプ等を参照してください。  計算センターでは、お答えしかねますので、ご承知下さい。

PAGE TOP